読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなごろく

落語好きサラリーマン「若松亭あなご」のミャンマー駐在員日記

年度末の銀行は大荷物の人々で大混雑

あっという間に時は過ぎ去り、気づけばもう3月31日。年度末でございます。

 

月末の銀行は大混雑

 

ミャンマーの法律やらルールやらがイマイチよくわからんのですが、いろいろな人に確認すると、3月末までの商業税(日本で言う消費税のようなもの)については何故か3月中に納付しなければならないようで、銀行間で手続きに行ってきました。

と言いつつ、実はただの付き添いですが。。。

 

銀行に到着してみると、そこは大勢の人であふれかえっていました。

 f:id:wakan555:20170331193233j:image

わたしと同じように税金を納めるために来ている人も多いと思いますが、多くのミャンマー企業が月末を給料日に設定していて、その給料を支払うために現金を下ろしに来ている人も相当いるようです。

実は月末は混雑するという理由で、銀行の窓口が通常よりも1時間早く営業を開始します。

 

大量札束が行き交うミャンマーの銀行

 

経済発展の甲斐あって、ミャンマーでも銀行やクレジットカードが発展してきていますが、まだまだ現金主義が色濃く残っています。

家賃の支払いや給料も現金払いにすることが多いようです。

 

今回わたしが納める税金も現金で納付しました。

 

そんなわけで、銀行にいると大量の現金を持っている人をよく見かけます。

 

▼ほんで、今日見た最もすごかったのがこちら。

 f:id:wakan555:20170331193210j:image

 

巨大な土嚢袋いっぱいに現金を詰めたものが3つ。一体いくら入っているのか。。。

ほんで、コレを担いで持ってくるんですから、銀行行くのもなかなかの重労働です。

 

それにしても、この国では現金の扱いがかなり雑です。写真のもそうですけど、大抵の人は札束をビニール袋に入れて持ってきています。

なんとも無防備。まぁミャンマーの治安の良さを象徴しているともいえますけど。

 

まとめ

 

  • 月末の銀行は大混雑(でも窓口が早く開く)
  • ミャンマー人は無造作に大金を持ち歩く